PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

牙王、ありがとう

いちこが11時15分、私の腕の中からいきました。

肺炎になってから水もうまく飲めなくて
シリンジで飲ませる状態だった。呼吸がずっと荒くて。

苦しそうだったけど、いちこならきっと元気になてくれると思った。

いちこなら次の日にご飯って催促するんじゃないかと思ってた。

いちこなら

いちこなら








疾風のおしっこの時間だったので、ついでにいちこの
体位もかえないとな~っと思ってかえた。
その時、おしっこが大量に出たからえらいね~って声をかけながら
顔を見た。力なく何か訴えて動く口

呼吸の確認をした。
ほとんど動いてない。
体位かえる前は荒いけどちゃんと動いてたのに
怖かった。いちこが居なくなるのが怖かった

慌てて心臓マッサージをした
いちこ!いちこ!!って声をかけながら。
でもいちこの心音は帰ってこなかった。

最後の最後まで声にならない声で何か言ってた。
なんて言ってたんだろう。

お父さんは?って聞いてたのかな。
苦しいよって言ってたのかな。

もしかして、ありがとうって言ってたのかな。。。。。


私はいちこを抱きしめながら「ありがとう」って
何回も言った。届いたかな。


いちこは私たちにたくさんの事を教えてくれた。
いちこは私たちの自慢で誇り。


いちこ、ありがとう。
ほんとうにありがとう。。。。
スポンサーサイト

| ブラックリボン | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osonon.blog56.fc2.com/tb.php/1612-4d9d47fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。